品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

週末に寝過ぎると出る腰痛

 睡眠時間が長くなると出てくる腰痛

8時間以上や10時間以上週末に寝ていると腰痛になる人がいます。発熱や嘔吐、血尿、血便など他の症状が無ければ精密検査をする必要はないと思われます。

多くは加齢や運動、ストレッチ不足により腰部の筋肉、筋膜等の結合組織が基本的に硬くなってきているのがベースにあります。睡眠をしている時は筋肉が動いていない時なので血流不足により、より硬くなる条件の時です。朝が一番身体が硬い時間帯ですからね。

通常の睡眠時間だとぎりぎり痛みが出るまで固まってこないというバランスで生活しているのだと思います。

ライフスタイルの適切な改善をしていかない限りは、短い睡眠時間でも症状が現れるようになっていきます。

それは睡眠の質の低下、QOLの低下、自律神経症状の誘発、4大疾患に繋がるものとお考えください。

睡眠不足は痛みの感受性を高める

ノルウェイ人健康研究の参加者の10,412名の成人(平均年齢58歳、54%が女性)を対象に検討

不眠症やその他の睡眠障害に悩んでいる人々は痛みに対する感受性が高まる。痛みの感受性は、不眠症の頻度および重症度が高まるほど高まった。

痛みの耐性に対する影響は明らかに不眠症と慢性疼痛の両方に悩む人々で最大。https://goo.gl/GesmJl

いつもより寝過ぎると出る腰痛へのカイロプラクティック症例報告

 病院での精密検査は異常ない

  • 普段は何んともないのに…
  • 9時間以上寝ようとすると、背中から腰が痛くてそれ以上寝ていられない
  • 病院で精密検査をしたが、原因が不明で怖い
  • MRIやレントゲン撮影も行っています

30代女性 事務職 品川区二葉町在住

正体はトリガーポイント

痛みと状態

画像診断、内科的検査は問題なし

疼痛図

初診時の痛みの分布

  • 睡眠時間9時間を超えると腰痛が出てくる。つまり週末や休日ゆっくりしようとするのだが結果腰痛になる。
  • 鈍く疼くような痛みが腰に帯状に出る
  • 血液検査や内臓の検査もすべて行ったが問題はない

検査と施術

  • 腰方形筋にトリガーポイントがあるので、押圧をかけて血流を促進
  • 背骨の胸腰移行部に機能不全があるためアジャストメント(脊椎マニピュレーション)
  • 「痛みとは何か?」というレクチャーを行う
  • 2回目の来院時に同伴者にトリガーポイントの管理方法をお伝えする

腰方形筋の図

腰方形筋は固まりやすい筋肉です。

ご感想

  • トリガーポイントは押されている時は飛び上るほど痛かったが、施術後はとてもすっきりしている
  • カイロプラクティック治療は初めてだったので、不安でしたが説明がしっかりしていて解かり易かった
  • 寝過ぎた時の痛みの原因がわかって、安心

 ■急性あるいは亜急性腰痛に対する脊椎マニピュレーションは、他の治療法に比べて短期間で疼痛および活動障害の改善、ならびに患者の満足度という点でより高い効果が得られる(★★★)。http://amzn.to/Hk8veA

カイロプラクターのコメント

病院で検査をされることは重大な疾患を発見するのに必要なことですが、画像診断では筋肉のトリガーポイントを見つけることはできません。院長と治療院入口

そのような筋骨格系障害は筋肉や関節を触診、機能的触診をすることで原因が見えてきます。

トリガーポイントへの注射はお薦めしない

一時トリガーポイント注射が流行しましたが、お勧めはしません。あまり効果がないからです。現在は筋膜リリースとして生理的食塩水を注入するのが流行のようですね。

筋筋膜性疼痛症候群患者53名に対するトリガーポイント注射に関するRCT(ランダム化比較試験)によると

局所麻酔剤群とプラシーボ(生理食塩水)群の疼痛改善率に差が認められなかったことから、効果が同じなら副作用のない生理食塩水を使うべきと結論。http://1.usa.gov/qPLsdU

慢性腰痛に対するトリガーポイント注射の有効性は不明確であり、特に急性腰痛に関するエビデンスはほとんどない(★)。http://amzn.to/Hk8veA

トリガーポイント注射の有効性は証明されておらず侵襲的なため急性腰痛の治療に推奨できない(確証度C)。

靭帯や硬結部への注射の有効性は証明されておらず侵襲的なため急性腰痛の治療に推奨できない(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

残念ながらトリガーポイント注射は、世界各国どの腰痛診療ガイドラインでも推奨されていません。

病院で注射より針治療や指圧の方が良い

我々も技術者なので虚血圧迫という形で親指を使って筋肉を押します。いわゆる指の圧です。遠方の方ならしっかりとした指圧師さんに頼むのが一番良いでしょう。

こんな研究結果があるからです。

・腰痛患者63名を4群に割り付けてトリガーポイント注射の有効性を調べたRCT(ランダム化比較試験)によると、疼痛改善率は
①鍼治療群や②冷却スプレー+虚血圧迫群より、トリガーポイント注射(③局所麻酔剤・④局所麻酔剤+ステロイド)群の方が低いことが判明。http://1.usa.gov/nTBSuI

最新の腰痛診療ガイドラインでは、発症4後週間以上の亜急性・慢性腰痛に対して鍼治療とマッサージ(虚血圧迫)を推奨しています。

これは古来から行われている療法に分があったということです。
腰に筋肉の塊がある時は思い切り指で押しつぶす!か針治療(おそらくかなり太い長い針)が効果があるのです

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約