品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

うつの最新情報③

うつへの運動療法は効果的か?
カイロプラクティックで鬱病と向き合う品川区【そのまんまサンシャイン】

「笑い」でうつ病診断が可能に 2014.311に発表されました

やはり沢山笑っていた方がよさそうです

笑いで鬱の診断をする時代も遠くないのかもしれません。(Navarro J, et al. J Affect Disord. 2014; 160: 43-49. Epub 2014 Mar 11.)

「笑い(laughter)」は、うつ病および潜在的な精神疾患の発症および進展の診断ツールとして有用である可能性が、スペイン・Aragon Institute of Health ScienceのJ. Navarro氏らにより報告された。笑いは医学分野において、健康へのよい影響をもたらすことや重大疾患の予防や治療の手法としては研究されてきたが、疾患の予測指標となる可能性や診断ツールとしての可能性については検討されていなかった。

 研究グループは、うつ病患者と健常対照の笑いを登録し評価を行った。全患者に対して、ハミルトンうつ病評価尺度(HDRS)で評価を行い、また各笑いについて、Matlab解析ソフトを用いて8つの評価変数で数値化した。患者、対照、性別ごとに分類し、笑いとHDRSの結果との関連を一般解析および判別解析にて評価した。

主な結果は以下のとおり
    1. ・対象者は、うつ病患者30例、健常対照20例であった。
    1. ・総計934回の笑い(うつ病患者517回、健常対照417回)が登録された。
    1. ・分析の結果、うつ病患者と健常対照では、笑いのタイプに有意な差がみられた(有効な評価対象88%)。
    1. ・ハミルトンうつ病評価尺度により

、笑いとうつ病状態との間には強い関連性があることが示唆された(有効な評価対象、男性85.47%、女性66.17%)。

    1. ・一方で、本分析結果は以下の点で限定的であった。

(1)笑いを喚起するようユーモラスなビデオを制作したため、評価された笑いは可変的なものであった。 (2)記録された笑いの中には、楽しく笑っていないものがあったと思われた。 (3)笑いのエピソードの評価は、個人的な記録に依存していた。 (4)評価した笑いの数は相対的に少なく、うつ病に悩む代表的集団ではない可能性があった。

単独の運動療法は中等度

この結果は慎重に捉えるべき

英国ではうつ病のガイドラインで運動が推奨されているが、論争が繰り広げられているようです。

(Cochrane Database Syst Rev. 2009 Jul 8)

院長

高齢者への抑鬱アプローチはさまざま

抑うつ症状を有する高齢アフリカ系米国人208人を対象に、ソーシャルワーカーによる在宅介入の効果を無作為化試験で検討。介入群と待機リスト対照群における、患者健康質問票-9のベースラインからの平均変化の差は-2.9で、介入群で症状が軽減した。生活の質や不安などの改善(P<0.001)、機能改善(P=0.014)も見られた。http://annals.org/article.aspx?articleid=1726809

ヨガはうつ病補助治療の選択肢になりうる

Depression and Anxiety誌オンライン版2013年8月6日号の掲載報告

ヨガは、うつ病患者またはうつレベルが高い人の補助的治療の選択肢となりうることが、ドイツ・デュイスブルグ-エッセン大学のHolger Cramer氏らによるシステマティックレビューとメタ解析の 結果示された。心身医学的介入は、うつ病への対応として一般的に用いられており、なかでもヨガは最も高頻度に用いられる心身医学的介入の1つである

無作為化比較試験(RCT)

主要アウトカムは、うつ病重症度と寛解率、副次アウトカムは、不安症、QOL、安全性についてであった。 主な結果は以下のとおり。

・12件のRCT、被験者合計619例が解析に組み込まれた。3件のRCTは、バイアスリスクが低かった。・うつ病重症度に関しては、ヨガのほうが通常ケアと比較して、わずかだが短期的効果のエビデンスが認められた

  • 有酸素運動との比較に関するエビデンスは限定的であった
  • 不安症に関して、リラクゼーション法と比較したヨガの短期的効果のエビデンスも限定的であった
  • サブグループ解析では、うつ病性障害を有する患者、うつレベルの高い人への効果に関するエビデンスが示された。
  • 長期的効果についてのメタ解析は、RCTの不足と不均一性により実行できなかった。また安全性については、データ報告をしたRCTがなかった。

・上記を踏まえて著者は、「解析に含んだ試験には方法論的欠陥があるが、ヨガはうつ病患者およびうつレベルの高い人に対する補助的治療の選択肢と考えられた」と結論

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約