品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

40肩・50肩

40肩.50肩の原因と対処法

50肩に限ったことではありませんが、多くの病気や症状は結果であって、適応した状態だと考えることが大切です。40.50肩の場合は肩回りの筋肉を酷使したり、背伸びをしないような肩関節を動かさない生活が長すぎて、動かない状態に適応したという結果です。

英語でいうとfrozen shoulderです。固まった肩になります。肩が固まるのと痛みが起きるギャップは、痛み神経は閾値に達していないと発動しないからです。肩は少しずつ硬くなってきていだが、ある日突然痛みを出すということです。

①40肩・50肩(通称)になる原因はいくつかありますが主には三角筋の硬化

臨床上よくお見掛けするのが三角筋の硬化、線維化により方がある程度のところでロックしてしまうことが大半の原因であるように私は思います。

三角筋の硬化の図

三角筋が硬くなるイメージ

下手くそな絵にですが、描いてあるように単純に筋線維が硬くなるというよりは、筋膜といったタンパク質が線維化してしまい上腕骨にベタッと張り付いているようなイメージです。

これは指でマッサージする程度ではなかなか取れてこないです。一度線維化した筋膜は一生元には戻りませんから、線維化したなりに何とか自由度を獲得していくことがポイントになります。

一般の方でしたらカッサやヘラで少しずつ擦ってあげたりすると良いとおもいます。

痛み自体は急に出るのですが、痛みが出る以前に三角筋の硬化により肩甲上腕関節のベアリング様の動きが制限されている期間があったものと思われます。

三角筋の硬化が原因と書きましたが、しばらく肩をしっかり動かしていなかったので当然たの部位、筋肉、関節も使っていた制限内でしか動かなくなっています。

ただ痛みを出しているキーとなるのが三角筋ということが多いと私は思います。

②40肩・50肩は大円筋、小円筋の硬化

中国医学ですと脇の下の筋肉の伸びが悪くなり40肩.50肩になると考えます。私も最近まで疑っていましたが、脇の下の筋肉群を大幅に緩めることで結果的に三角筋のロックが起きずらくなり、痛みが減って肩があがりやすくなります。

③結果的に肩甲上腕関節のベアリング機能が低下

上腕骨が肩甲骨の中でクルクル滑るのですが、この動きが無くなっています。これもそのように使って来なかったという結果でそうなっているので、三角筋中部線維が硬くなっていれば、そこでロックしちゃって、腕を動かす時に必要なベアリングのような滑り運動が無くなっています。

肩甲上腕関節の説明

上腕骨頭のベアリング様の滑り運動

この動きも付けていかなければ、動きは回復していません。

 ご自分でリハビリするなら傘の運動

通院しても宿題で出されるのですが、ご自身で何とかしたい場合は傘を使って上腕骨の滑りを付けていくことも可能です。傘一本あれば良いわけですから手頃ですよね。

肩が上がらなくなるもう一つの原因 肩甲骨の上がりが悪くなる

これは男性に特に多いのですが肩甲骨が胸郭の上で動く動きが低下します。これは肩の動き方の再教育が必要になります。いかり肩や、肩の筋肉が盛り上がっている方にその傾向があります。何か動作をする時に肩に力が入って生活してきたことに体が適応しているのです。

自力で治そうとするなら、デコルテのラインが上がらないように、ストレッチポールの上でピラティスの旗振り運動をすると良いでしょう。慣れていないならハーフポールの方が安定感があって使いやすいとおもいます。

そのまんまサンシャインではカイロ治療の後、ピラティスレッスンを参考にリハビリテーションを行っています。

他の要因

インピンジメント 上腕骨の巻き込みによるもの

上腕骨の角度、周囲の三角筋の巻き込み等で機能喪失している場合です

筋肉の石灰化

病院でレントゲンを取って解るものです。肩甲骨上の筋肉が石灰化してしますものです。組織的な変化があります。私がレントゲン撮影が出来ないからかもしれませんが、臨床的にはそんなに多くないと思います。

カイロプラクティック治療で早期に肩の挙上が可能に

整形外科の教科書的には2年のスパンで完治まで考えるようです。カイロプラクティックの教科書的には1年スパンで考えます。院長と治療院入口

実際の臨床上は1~6か月というところでしょうか。

週に1から2回の通院で、比較的早い段階で上がるケースが多いです。痛みのほうが少しだけ残りますが、こちらも少しずつ減ってきますのでご安心ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約