ぎっくり腰の統計データ

 

 

ぎっくり腰 急性腰痛の統計情報です
ぎっくり腰になってしまったら… 取り敢えず読もう

超1級のエビデンスです。昔言われていたことと真逆のこともあります。恐れずに日常生活を続けましょう。

まずはこのページで統計に基づいた「ぎっくり腰」の知識を獲得してください

品川区でぎっくり腰の治療ならカイロプラクティックそのまんまサンシャインへ

急性の腰痛(ぎっくり腰)を何度も起こす方もいます。

とくに初めての方は経験したことのないような恐ろしい痛みを覚えますから凄く心配だとおもいます。

ご安心してください。痛みは必ず少しずつ引いてきます。まずはこのページをしっかりと読んでください。

腰は壊れていませんから安心してください

痛みをだしているのは筋肉 安心した女性

腰痛は長い間、腰の構造欠損が原因だと考えられてきましたが近年の研究で心理社会的なストレスが要因であることが分かってきました。

具体的に痛みをだしているのは腰の筋肉であることが多いですが、数週間のうちに少しずつ回復していきます。

 

画像診断は避けることをお勧めします

「画像診断テスト(X線、CTとMRIを含む)は、急性腰痛のために通常使用しないでください 意味がありません」「不必要な放射線を浴びる危険性があります」
(European COST 2004)

※腰部X線撮影(背骨の撮影)は1方向の撮影で約2ミリシーベルトの被曝量があります。ヨーロッピアンコストとは欧州14カ国の採用する腰痛に関するガイドラインです。

当院のぎっくり腰(急性腰痛)の症例はこちら

発症早期にカイロプラクティック治療を受けることで急速に回復します

ぎっくり腰はカイロ治療で1週間までには大幅に回復

カイロ治療後の追跡調査

18~40歳までの急性腰痛患者を対象に4週間追跡したRCTによると、モビリゼーション群とマニピュレーション群の改善率は

4週間後には差がなくなるものの、
マニピュレーション群は最初の1週間カイロプラクティック整体は東京都品川区のそのまんまサンシャインへご相談くださいで腰痛が急速に改善することが判明。
http://t.co/xSdw3w4

※マニピュレーションとはカイロプラクティック治療の特徴である脊椎アジャストメントのことです

カイロプラクティック治療は科学的に有効であると証明されています

急速に回復に向かいます。ご安心ください。

カイロ治療後は急速に回復にむかいます。18歳から40歳の54人を対象にした、比較試験です。

ランダム化は、腰痛発症2週間以内の人でも、2-4週間痛みがある人でも脊椎マニピュレーション後に1週間以内で急速に回復したSpine (Phila Pa 1976). 1987 Sep;12

動ける範囲内で日常生活を続けてください

痛いけど動いていたグループを追跡調査

急性腰痛患者186例を対象としたRCTによる研究があります。ヘルシンキ(フィンランド)市の従業員に対して行われました。急性腰痛患者(非特異的腰痛)に対して、どのような処置が有効かという比較対照臨床試験です。とても面白い研究結果です。

  1. 安静臥床群(痛みが引くまで寝ていてください)
  2. 腰痛体操をした群 
  3. 可能な範囲で日常生活をした群
明らかに動いていた方が腰痛には良い

それぞれのグループが3週後と12週後にどのようになったかという研究です。結果として1.と2.は治りがよくなく3.の日常生活を続けることが治るのが早く、しかも再発率が低かったのです。  
(Malmivaara A et.al 1995 Feb 9)

 

腰痛にまつわる迷信や神話の犠牲者、クワッカリー(健康詐欺・インチキ療法)の被害者、ドクターショッピングを繰り返す腰痛難民をひとりでも減らせたらいいなあ とおもいます

健康ビジネスは盛んですが、多くのものは迷信じみたものです。腰痛治療は整体・カイロプラクティックそのまんまサンシャイン(品川区中延)また19世紀までに行われてきた腰痛治療は効果がないどころか再発率を上げて 慢性腰痛になる確率が高いことが近年の研究でわかってきています。

その後の健康に大差がでます

腰痛の真実を伝える数少ない場所

現状ではこうした取り組みをしている医療機関や代替医療機関は非常に少ないです。これは現行の診療報酬制を見直さない限りは現実的に無理だと言われています。日本の社会的な事情を考えると仕方の無いことなのです。

当院のぎっくり腰(急性腰痛)の症例はこちら

その他のぎっくり腰の統計情報
腰痛を克服してアクティブな人生をめざして

ストレス社会の休息場

マニピュレーションの専門家を早期に受診しましょう。患者さんの立場で、どのようにして行けば良いのかお伝えします。鑑別診断

2日もすれば必ず動けるようになります

ぎっくり腰の時は少し動いただけで、とてつもない痛みであることもよくあります。ですからとても心配であると思います。 しかし多くの急性腰痛は自己限定性の疾患と言って分類としては「風邪」やささくれのようなものです。

とてつもない腰痛で動けないような状態でも、2日もすれば必ず動けるように必ずなりますからご安心ください。

当院は国際基準のカイロプラクティック教育を修了してますので、非特異的腰痛以外の腰痛(レッドフラッグ)のような命に関わるような腰痛が検査の段階で疑われた場合は直ちに専門の医療機関へ行っていただいていますので、ご安心ください。

レントゲンや腰痛体操は必要か?

生殖可能年齢ならレントゲンは避けるのが賢明

機械にもよりますが、腰部X線撮影は1方向で約2ミリシーベルトの医療被曝を受けます(最新の機械では0.1mSvのものもあるとか)。放射線は足し算で計算されます。40歳以下の生殖可能な年代の方々なら不必要な医療被曝をすることは避けた方が良い事を提案しています。

過去にレントゲン撮影で骨の変形や歪みを指摘された方も心配いりませんレントゲンは取らない方が良い

「あなたの腰椎や椎間板は、現在の腰痛とは何の因果関係もありません。もし過去に腰痛経験があるのならば、その時の画像診断のことも含めて全く気にする必要はありません   
(Van Tulder MW et al Spine 1997)   (Chou R et al Lancet 2009)

ぎっくり腰の時は腰痛体操はしないで!!

腰痛に対する運動療法をテーマとした11件のRCTをレビューした結果、急性腰痛(6週未満)に有効な運動療法は存在しないものの、

亜急性腰痛(6週~3ヶ月未満)や慢性腰痛(3ヶ月以上)には運動療法が有効であることが判明。http://1.usa.gov/qL98sH

日常生活の維持だけで充分

安静臥床は論外ですけど急性腰痛(ぎっくり腰)にはストレッチより日常生活のほうが有効です。
痛みの許す範囲内で普段どおりの生活を心がけましょう。

急性腰痛患者186名を対象に①2日間の安静臥床群、②ストレッチ群、③日常生活群に割り付けたRCTによると、ストレッチ群は安静臥床群より欠勤日数が少ないものの日常生活群には及ばないことが判明。①の安静にして寝ているののは一番良くないのです。急性腰痛の特効薬は③の日常生活の維持!!

(N Engl J Med. 1995 Feb 9)

1年後の為にお腹も触診させてください

新たに分かった腹部触診の重要性

腹部触診の追加、腰痛の長期予後改善に有用

オーストラリア・マッコーリー大学のJohn Panagopoulos氏らは、腰痛に対する標準的な理学療法に腹部触診(visceral manipulation)を加えることで腰痛は改善するのか、無作為化プラセボ対照比較試験を行い検討した。

その結果、腹部触診の追加は短期的には腰痛を改善しないものの、1年後の評価では臨床的に意義のある改善が認められたという。European Journal of Pain誌オンライン版2014年11月7日号の掲載報告。

 

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25378096

豆知識

急性腰痛(1ヶ月以内)や亜急性の腰痛(4~12週以内)にカイロ治療が有効であるとう研究は多くあります。世界で初めて脊椎マニピュレーションが急性腰痛・亜急性腰痛に対して有効であると判断された研究が1991年の米国のランド研究です。

研究の科学的根拠の信頼度は以下の通りです。今後のご参考になさってください。

 

なお当院が準じている世界各国の「腰痛診療ガイドライン」など はレベル1の研究の集積の結果出されているものです

研究レベル

 

当院のぎっくり腰(急性腰痛)の症例はこちら

 

お問い合わせはこちら

 

カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

〒142-0043
 東京都品川区二葉4-24-1 GSハイム中延105
営業時間:10~22時
(基本的に水曜日休・予約制)

ご予約・お問い合わせ

Tel:03-5749-3558
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのご予約はこちら

東急大井町線および都営浅草線・中延駅A1出口から徒歩6分。

東急大井町線・荏原町駅やJR横須賀線・西大井駅からも徒歩8~9分。