健康について

『健康とは病気のないこと』ではない

品川区二葉町で健康について考える 【そのまんまサンシャイン】

WHOの健康の定義

健康とはさまざまな要素が満たされた状態

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. WHO

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」(日本WHO協会訳)

1998年に提案された健康の定義の新しい案

実は新案が出されていたWHOの健康定義

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

さまざまな理由から、現行案のままで変更はありませんでした。

私は却下された、この新案もなかなか良いと思っています

「健康とは完全な肉体的(physical)、精神的(mental)、Spiritual及び社会的(social)福祉のDynamicな状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」(厚生労働省)

という変更案でした。交感神経副交感神経もいつもダイナミックに変動しています。肉体的にも精神的にも死生観的にも社会的にもダイナミックであることって、いかにも充実した人生で躍動感がありますものね。

健康と病気は連続性があり、常に変動しているという概念

静的に固定した状態ではないということを示す dynamic は、健康と疾病は別個のものではなく連続したものである という意味付けから

また、 spiritual は、人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために必要で本質的なもの だという観点から、字句を付加することが提案されたのだと言われています。 (日本WHO協会)

 

この点に関して私の考え院長の考え 意見

昨今のスピリチュアルブームは人間には必要な要素であることを意味しているとも考えられます。

オーム事件から新興宗教等へのアレルギーが本邦にはありますが、宗教観というようりは昔から言われている『死生観』や『あの世の話』など、科学では証明できない情報も健康な生活には必要なのだろう というスタンスでいます。

日本の場合、お正月に初詣でに行くとか、お盆にお墓参りに行くなど生活にとけこんだ宗教的な行動から考えれば良いのではないかと考えています。

このWHOの健康観は、腰痛らの解放という観点からしても重要です

最新の研究でも、腰痛を構成する要素と似ています。腰痛(特に慢性痛は)以下の4つから成ると言われています。つまり腰痛から完全に回復するには以下の4つの要素を満たす必要があるのです。

  1. Physical 肉体的要素
  2. Social  社会的な要素
  3. Mental  心理的な要素
  4. Spiritual 精神的な要素

 詳しくはこちら

健康の社会的な因子とは

上記の2.にあたるSocialの要素

WHO欧州地域事務局は明確な根拠のある事実から『健康の社会的決定要因』として 「社会格差」「ストレス」「幼少期」「社会的排除」「労働」「失業」「社会的支援」「薬物依存」「食品」「交通」 を挙げて健康政策の重要性を強調している(WHO欧州地域事務局2003 pdf.日本語)

世界の抱える健康問題が浮き彫りになっている

欧州やアジア圏、もちろん日本の社会も不健康が蔓延している状況が伺えますよね。痛みからの解放もそうですが、健康的な社会を作っていく事は、我々人類が向かう方向性を示しているように私は思います。

 

Home> 良くある質問> 健康について

カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

~品川区中延/西大井の整体

〒142-0043
 東京都品川区二葉4-24-1 GSハイム中延105
営業時間:10~22時
(基本的に水曜日休・予約制)

ご予約・お問い合わせ

Tel:03-5749-3558
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのご予約はこちら

東急大井町線および都営浅草線・中延駅A1出口から徒歩6分。

東急大井町線・荏原町駅やJR横須賀線・西大井駅からも徒歩8~9分。