女性の健康情報

さまざまな観点からの「生物学的な女性」情報です
品川区で健康管理なら【そのまんまサンシャイン】へ

いままでは良かれと思われていたことでも

男性と女性では身体の構造は違いますし、最近の研究から疾患に関するリスクも違っているようです。

健康な生活を送るためにも、ますます男女の性差をお互いに理解しあうことが大切なのではないかと考えています。

閉経後女性において、いくつかのサプリメントが死亡リスク増加を示すという報告整体カイロプラクティックで快適な生活・品川区そのまんまサンシャイン

サプリメントというのは栄養補給食であり、栄養状態の良い人への投与というのはベネフィットよりリスクの方が大きくなる。そして、野菜果物などに代替できるるようなものではない。

死亡絶対リスク増加は、マルチビタミンでは2.4%のリスク、銅では18%にもなる。
カルシウムサプリメントだけは例外で、絶対リスク減少は3.8%になる。(Arch Intern Med,2011,Jaakko Mursu, PhD;et at al)

閉経の時期と運動の関係

日本人女性3115名(閉経前)にたいして、運動、食事要素(脂肪、食事性線維成分、大豆イソフラボン、アルコールなどの内因性エストロゲン関連)と閉経の関係を調べた研究です。運動療法・品川区整体ならカイロプラクティックそのまんまサンシャインへ

運動活動性高く、多価不飽和脂肪酸(PUFA)摂取量の多い人ほど早期閉経の可能性が高くなる。脂肪総摂取、他の脂肪、食事性線維分、大豆イソフラボン、アルコールは閉経発現時期とは関連しないとのこと。 (15 September 2011 Nagata, Chisato MD; Wada, Keiko MD et at a)l

週に約8〜10時間運動する女性は何もしない人に比べて、この試験期間中に閉経を開始する可能性が17%高かった
また多価不飽和脂肪酸を多くとっている女性は、15%高い確率で閉経が早まった。

閉経が早いことは乳がんリスクが小さくなるが、心疾患と骨粗鬆症リスクが高くなる。
ただし運動は全体としてメリットのほうが大きい。(October 12, 2011  Women’s Health)   「これは考える要素が非常に多いですね」

思春期に運動してください

■女性の癌死、思春期の運動で16%減【米国癌学会】
思春期と成人後の運動で死亡リスク2割低下

米国癌学会(AACR)は7月31日、思春期に運動した女性は成人後の死亡リスクが低いことを示した研究を紹介した。Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention誌に掲載。

この研究は、40-70歳の女性約7万5000人を対象としたShanghai Women’s Health Studyのデータを活用。対面インタビューにより、13-19歳時期の運動状況に関する自己申告、成人後の生活習慣関連因子、死亡率転帰などを精査した。平均12.9年の追跡期間中に死亡した被験者は5282人で、うち癌による死亡が2375人、心血管疾患での死亡が1620人だった。

成人時の社会経済的因子で調整した結果、思春期に週1.33時間以下の運動経験者で、癌の死亡リスクが16%、全死因死亡リスクが15%、思春期の運動時間が週1.33時間超群で、全死因死亡リスクが13%低かった。また、思春期だけでなく成人後も運動をしている群では、全死因による死亡リスクが20%低いことが分かった。

研究者はこの結果を受けて、「若い時期の運動はその後の死亡率を減少させる。病気の予防のために青年期からの運動参加を促進することの重要性を示唆している」と述べている。
関連リンク
Exercise During Adolescence Linked to Lowered Risk of Death Later
http://www.aacr.org/Newsroom/Pages/News-Release-Detail.aspx?ItemID=748#.VcyWUofotEa

ホルモン治療は短期的に

 米国予防医療作業部会(USPSTF)は、ホルモン補充療法(HRT)を閉経後期に長期的に使用するとリスクがベネフィットを上回るとする勧告を発表した。ホルモン補充療法は、比較的若く健康な一部の女性が短期的に更年期症状を治療するのには有効と考えられるが、慢性疾患を予防するための長期間の使用や、閉経後期での使用は勧められないという。

 

ホルモン補充療法を受けた女性で乳癌および脳卒中リスクの高いことが明らかにされ、多くの人が治療を中止した。この研究ではいくつかのベネフィットが報告されたものの、心疾患、脳卒中および肺塞栓の増大がみられたため、2005年に早期に中止された。

 

北米閉経学会(NAMS)のMargery Gass 氏は、「血栓、乳癌、脳卒中のリスクの低い健康な女性の更年期症状を治療する実行可能な選択肢として(ホルモン補充療法を)推奨できる」とする一方、最新の研究から、加齢による慢性疾患の予防のためにホルモン補充療法を受けるべきではないことが示唆されると述べている。

 

今回のUSPSTFのレビューは、2002年以降に発表された51件の論文を対象にした。Ford氏は、更年期症状を管理するための薬剤以外の選択肢として、ヨガなどの運動と健康的な食事を勧めている。ほかに重ね着、瞑想、リラクゼーション呼吸法、適正体重の維持および禁煙などの対策もあるという。また、同氏は「女性の閉経への対応については民族性も大きな役割を果たしているようだ」として、さまざまな地域社会や文化に着目することにより学ぶべきことも多いはずだと述べている。これまでの研究から、黒人およびヒスパニック系の女性は白人よりも閉経が早く、症状が重い傾向のあることがわかっている。

 院長ブログの「女性の健康」もホットな情報が満載

Home> 良くある質問> 女性の健康情報

カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

~品川区中延/西大井の整体

〒142-0043
 東京都品川区二葉4-24-1 GSハイム中延105
営業時間:10~22時
(基本的に水曜日休・予約制)

ご予約・お問い合わせ

Tel:03-5749-3558
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのご予約はこちら

東急大井町線および都営浅草線・中延駅A1出口から徒歩6分。

東急大井町線・荏原町駅やJR横須賀線・西大井駅からも徒歩8~9分。