カイロプラクティックと整体の違い

カイロプラクティックは世界共通言語がある

整体カイロプラクティックとの一番の違いは、学問的な背景や研究があるかないかということです。もちろん整体の先生でも独自に研鑽されて、豊富な知識をお持ちの先生もたくさんいらっしゃいます。

WHO基準のカイロプラクターは医学部と同等もしくは準ずるレベルでの基礎医学、解剖実習、インターンによる臨床実習を修了していますからお医者さんと同レベル、もしくは準ずるで情報収集、会話ができます。

またカイロプラクティックは世界的に発展しているので、例えば海外のカイロプラクターとある患者さんの情報を共有したいときにカルテに記載してある情報を説明することが可能です。例えばRPINと伝えれば右の骨盤の伸展制限があることを意味します。

このように海外に出張や転勤がある時に現地のカイロプラクターを日本カイロプラクターズ協会を通してご紹介することも可能です。

整体は子弟関係の中で伝承される

一方整体は子弟関係の中で技術を教わりながら伝承されていく傾向が強いので、客観的な指標はその門下にある人たちにしか判らない情報伝達ということになります。

患者さんと施術者の相性もありますから、一概にどちらが優れているというわけではありませんが、WHO基準のカイロプラクターは一定基準の技術と知識を備えているとお考えください。

詳しい説明をしても良く分かりづらいこともあり、この説明を最近はしています。最近はカイロプラクティックのテーブルを接骨院や整体院でつかっていることもあるようで見分けづらいのも現実です。

あえて付け加えるならばこのエリアでカイロプラクティックテーブルを使っているのは当院だけだとおもいます。

当院のカイロプラクティックテーブル

整体という言葉の由来

整体は戦後にできた言葉

整体という言葉は、第二次世界大戦後にできたと言われています。

歴史的な背景として戦後日本国憲法がGHQの指導のもと公布される際、針あんま灸などは法律上認められましたが、それ以外の民間療法は医師法の範囲外になってしまいました。とはいえ様々な民間療法はいろいろあったわけで、それまで行われていた伝統医療が生き残るために日本療術師協会が昭和22年に設立されました。

療術師協会は 療術治療に従事する専門職の団体でありますが、当時さまざまな療術を総称して「整体」という言葉をつくったと言われています。ですから電気療法や光線療法や手技療法などさまざまな療法があり、流派があります。整体というと実にさまざまな療法が今日でも存在するのは、歴史的経緯を考えるとそれらすべてが整体なのです。

研究

整体の研究

現在では療術師協会も研究活動をしているようですが、具体的な研究報告は一般開示されていないようです。

カイロプラクティックの研究

カイロプラクティックはアメリカ生まれ、医学用語や理論に基づき、研究データや臨床データなど、さまざまな医学的根拠がありデータベース上でもその根拠を確認できるものです。

そのような背景からWHO世界保健機関はヘルスケアとして正式にカイロプラクティックを認めました。(現在代替医療としてWHOが認めているのは、カイロプラクティックと鍼灸の2つのみです)。

基準

前述のように、世界的にみるとカイロプラクティックには国際基準の教育制度があり、その教育課程を経たものをカイロプラクティックと言っています。但し日本では2015年現在カイロプラクティック法がありませんので、どなたでもカイロプラクティックと名乗ることができます。

一方、整体には基準はありません。中国整体や日本式整体などさまざまあり、そのスタイルも施術方法も統一見解はありません。また、整体には系統だった教育理論はなく、師弟関係のもとで技術を身につけるスタイルのもとで発展した独自の民間療法といえます。

施術の流れ整体との違い適応症

 

カイロプラクティック治療の目安

 

  1. 痛みをとっていく期間
  2. 最初は何か症状があって来院する方が多いです。多くの場合3.4回の通院で改善していくのを実感しできます。勿論個人差がありますが、多くの方は改善していくことを実感します。
      

  3. 再発防止期間
  4. 痛みが取れてきたら、症状が再発しない方法などを一緒に考えていく期間となります。皆さんとの話合いの中で、自宅でできることを含めたテーラーメイドの再発防止策を考えていきます。
      

  5. メンテナンス期間
  6. 症状がなくなり、再発をしなくなっても定期的にメンテナンスをされることで、生活習慣病の予防を行います。

    そして日常生活の質(QOL)の向上に努めます。メンテナンス期間は24節句から考えて2週間に1回がベストです。2~4週間間隔で、筋肉や背骨のメンテナンスをされることで身体機能の調整を行います。

    筋骨格系の状態と心理・精神状態が相互作用をしていることが良くわかります。
    背骨の機能不全はQOLを著しく低下させますから。

    より詳しく治療期間等を知りたいかたはこちら

お問い合わせ

カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

〒142-0043
 東京都品川区二葉4-24-1 GSハイム中延105
営業時間:10~22時
(基本的に水曜日休・予約制)

ご予約・お問い合わせ

Tel:03-5749-3558
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのご予約はこちら

東急大井町線および都営浅草線・中延駅A1出口から徒歩6分。

東急大井町線・荏原町駅やJR横須賀線・西大井駅からも徒歩8~9分。