品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

内科では逆流性食道炎の診断を受け1年経過した34歳男性

逆流性食道炎の診断

1年くらい前からずっと同じ姿勢をしていると内側から押し出されるような痛みが胃の回りに出る

1年以上服薬をするものの変化が無い為、パートナーに勧められてカイロプラクティック治療に来られました。どのような経過で回復していったか、見ていきましょう。

  • 内科では逆流性食道炎の診断を受けて1年以上投薬治療をしているが変化がない
  • 胃の周囲から始まる押し付けられるような痛みは胸の前、さらに首にまで到達することもある
  • 頻度は1日に2.3回
  • 症状が出ると痛みで何もしたくなくなり、30分ほど横になる
  • 内科のお薬では変化がないという

初診時の痛みと状態

・疼痛スケールでは5/10

疼痛図

実際にご記入頂いた疼痛図

・1か月前から運動を始めてから少し症状は落ち着いた感がある

・同じ姿勢でいると症状でる

・昨年1年間で5㎏以上太った

平日の睡眠時間は4時間前後とかなり少ない

睡眠時間がかなり少ないのが気になります。短眠が良いと考える方もおられますが、中期的にみてみると良いことはありません。

検査と施術

  • 前屈テストは+5cm
  • 触診上は腹直筋や胸骨の皮膚、皮下組織に強い圧痛がある。症状に似た痛みである
  • 腋窩(脇の下)や腰部、ふくらはぎにも強い圧痛が認められ、痛覚過敏の状態
  • 基本的な背骨の治療と、マッサージクリームを使用して季肋部から胸骨にかけて緩和操作を入念に行う
  • 横隔膜の機能の低下が著しいので簡単な腹部のリハビリを行う
  • 睡眠時間の見直しを含めたライフスタイルの指導
  • 次回の来院時までに自宅で継続してもらうセルフケアの指導

初診後のコメント

  • 患部が内臓でなく、筋骨格系にあるのが解った
  • 症状を取るということで先生がしっかり押したのが絶えられないくらい痛く感じた

結果

週に1度の来院を1か月続けて症状は消失。

院長のコメント

院長

院長の顔

お伺いしたところ内科では触診はあまり行っていなかったそうです。ここ数年そのうような情報が多いので‘逆流性食道炎の診断が出されることが多いのでしょうがお薬の服用で変化が感じられないようならば他の原因を疑ってみても良いかもしれません。‘

カイロプラクティック治療はよく自然治癒力を高めると言いますが睡眠不足や運動不足などが解決しない限り治癒力は発揮されません。機械論的にお薬を飲めばよいということではなく、全人的にその方の生活を診させていただくのがカイロプラクティックです。お気軽にご相談ください。

野球が出来なくなった12歳小学生

野球をもう一度したい小学生

メディカル・スポーツドクターは肘の手術を検討中

12歳男児へのカイロプラクティック治療症例

小学生の回復は早いです

肘の手術を検討していた方の症例です。似たような状況にある方は、手術と言う選択は最終的にして近くの接骨院でもマッサージでもカイロプラクティックでもいいので足を運んでみてください。

10代の方はとにかく回復が早いです。費用もそんなには掛からないのではないでしょうか。

  • できれば肘の手術は避けたい
  • 最後大好きな野球ができなくなったの大会に出たい
  • 6年生の最後の大会に参加したい

 10代小学生 大田区南洗足在住

痛みと状態

遊具からの落下が発端

  • 2年前に校庭の遊具からの落下。以来、右腕内側に痺れ
  • 医療機関では肘部管症候群と診断を受け手術を検討中
  • 2年前からずっと痛みと痺れがあり、途切れることはない
  • 肘内側の筋肉の異常な緊張がみられる

検査と施術

緩和操作を入念に行う

  • 上肢の神経学ベースラインでは異常なし
  • チネルエルボー+
  • 肘周囲の筋肉の緊張が著しいので入念にほぐす。今までこのような施術は受けたことが無い模様。
    (もし接骨院等保険診療を選択する場合、それほど時間は掛けられないとおもいますので、時間を掛けて手でほぐしてくれるような状況をおつくりください)
  • 頚椎に機能不全があるのでアジャストメント
  • キネシオテープによる筋膜リリース

施術後の感想

回復に向かうのも早い

  • 数回の来院でだんだん痛みがとれたので、運動会にもでられた。
  • 手術は回避できたので感謝しています。
  • 最後の野球の大会にも出場できたので、良い思い出ができました。
    (代打で出られたそうです)

院長のコメント

計8回の治療で大きく回復

この男児は、40日間に8回のカイロケアを行い症状がなくなりました。肘部管症候群で圧迫される神経は尺骨神経ですが、痺れが出ている領域が尺骨神経の支配部分ではなかったので、手術の必要性はないであろうと思いました。

もし手術をするにしても最終手段としたほうがいいですよ。

費用的にもカイロ治療って何千円だから10回くらい受けても手術に比べたら僅かなものです。副作用もありません。

海外では常識のカイロ治療

転倒で肘関節周囲の機能が低下していたのでしょう。小学生ですと驚くほど速い回復力を見せるものです。手術を検討する前にカイロプラクティック治療を試して良かったケースですね。カウンセリングの様子

もちろんすべての症状に魔法のように効果があるわけではありませんが、カイロプラクティックを受けてみる価値のある症状は非常に多くあるとおもいます。

5年以上ある腰痛への振動療法マイオセラピー治療

きっかけはバイクで倒れたことか?

中高生の頃から度々(年に5回ほど)腰痛があった。姿勢が悪いことが原因であるとメディカルDr.4人に診てもらってきたが「このまま行くと最後は手術だね」と全員から指摘をされたという。

出来れば手術はしたくないし、カイロプラクティック治療は?と友人に勧められて来院

インドネシアの方の症例になります。

25代男性 大学院生 千葉県在住

  • 今回の腰痛は2日前に遊びでバスケットをやったのがきっかけ
  • 痛みが出そうな時は薬を飲んでしのいでいる
  • 2か月おきくらいで腰痛になっていて、このままいくと手術という不安感がいっぱいある
  • 一番最初に腰痛になったときはバイクで倒れた時に腰を打ったからかもしれない

【心理社会的因子】慢性腰痛における心理社会的因子の影響に関しては、現在数多くのエビデンスがある。

最近の前向きコホート研究数件から、心理社会的因子はこれまで考えられていたよりさらに早い段階で重要であることが示された。
http://amzn.to/Hk8veA

この患者さんには手術は全く必要ないということを第一にお伝えしました。手術ということ自体が不安で、それがある限りは痛みは取れてきません。

そもそも腰痛疾患に手術は必要ありません。

初診時の痛みと状態

症状は5年以上あって2月毎に痛みが顕著に

  • 重い痛みがVASで6/10の痛みがある
    施術風景

    マイオセラピーの施術

  • 5年以上の症状
  • 2か月毎に生活に支障があるレベルで腰痛になる
  • 腰が壊れていると思っている

検査と施術

起立筋群の筋肥大と線維化

  • 長年の姿勢の影響からか、胸腰移行部の筋肥大が目立つ
  • 当初はカイロプラクティックで5回施術して腰痛が無くなるレベルになる
  • この5回の間に手術に必要性は全くないことをエビデンスを基に繰り返し伝える
  • 慢性腰痛に属するので痛みが出たり出なかったりする状況からマイオセラピーに切り替える
  • それ以来2~4週おきにメンテナンス治療としてマイオセラピーを受けている

腰椎手術予定の患者122名に心理テストを実施し、疼痛・機能障害・就労状況を1年間追跡調査した結果

心理的苦痛(不安や抑うつ)が少ないほうが疼痛改善率も職場復帰率も高かった。
心理的苦痛は慢性腰痛の治療成績を左右する。

http://1.usa.gov/WKVUXT

上記の被験者は手術をせずに追跡した結果です。本症例に合致する内容となります。

ご感想

痛みはとれて、手術も考えなくなった

  • お陰様で手術のことは考えなくなって、国の両親も喜んでいます。

院長のコメント

基本手術は必要ないですよ

腰痛疾患は基本的に整形外科的や神経学的な問題ではなく、手術を必要とする対象ではありません。

適切な管理で99%以上の患者が痛みを回避できます」
(Rosomoff HL Rosomoff RS Med Clin North Am 1999) 

その後は運動療法も開始

明らかな柔軟性の不足があるため、予防もかねてスポーツクラブに通われることを決められました。素晴らしいことです。大学院レベルの方だと薬物中毒になることは少ないと思いますが、慢性腰痛と薬物の関連が指摘されています。カウンセリングの様子

慢性腰痛と違法薬物の使用率の高さが関連 2016年の研究

Spineに発表された研究によると、慢性腰痛(三ヶ月以上)のある人は大麻、コカイン、ヘロイン、メタンフェタミンを含む違法薬物の使用が腰痛がない人と比べて多い。
さらに違法薬物使用歴のある慢性腰痛患者は現在オピオイドを処方されている可能性が高い。この関連の方向は明確ではない。米国。

Chronic low back pain linked to higher rates of illicit drug

総合格闘技で腰背部痛

格闘技中の腰痛へのカイロプラクティック治療

品川区戸越在住 10代男性の症例

  • 腰や背中が痛いとスパーリングどころではない
  • 背骨がこわれてしまっているのではないかと心配ですよね
  • 慢性的な腰痛は高校生のころから

10代男性 総合格闘技 品川区戸越在住

痛みと状態

数カ月つづく症状

  • ここ数カ月、格闘技の練習後に発作のような痛みを5回
  • スパーリングの時の体勢によってはズキッと痛み
  • 身体を左に捻ると腰がいたい
  • 背中から腰にかけての筋緊張

検査と施術

オーソドックスなカイロ治療とセルフケア

カイロテーブル

カイロプラクティック専用のテーブル

  • 腰部、骨盤の機能不全をカイロプラクティックアジャストメント
  • 痛みへの恐怖心がおおきかったのでEFTによるセルフコントロール

施術後のご感想

安心できた

  • 少しずつ楽になってきたので安心してスパーリングができるようになった。
  • 腰が壊れていると思っていたので、これを機に腰への不安を払拭できたらいいとおもいました。

院長のコメント

長期の視野も必要

痛みは様々な要素で引き起こされます。骨折などの外傷と違い慢性的な腰痛などは心の状態も大きく影響します。そのような状態では良い練習ができないでしょうし将来の為にもなりません。長い目でみると定期的に身体をメンテナンスして客観的にご自身の身体を見てもらう事が大切です

部分的に緊張している場合も多い

格闘技などで柔軟性がある方でも部分的に固まってしまうことは良くあります。骨盤の動きなどは我々の手によって動きを取り戻すほうが、痛みの治療としては格段に早いものです。

今回のように若年層で、特に運動習慣がある方は回復するのも早い傾向にありますので、無理をせずに早めに受診されると良いでしょう。いずれにせよ、プロを目指すようなハイレベルの動きをされている方は痛みがなくてもメンテナンスケアをしていかないと選手として活躍できる期間は長くはないと思います。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約