品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

椎弓切除術の適合性に関する考察

椎弓(ついきゅう)の切除術は脊髄の圧迫が考えられた時に行われる手術のようですが、必ず必要かどうかを判断するのは難しいところです。
半数は必要なかったかも…というような数値がとある研究で出されています。背骨への手術

外科医5名と内科医4名から成る委員会を組織し、1000例の仮想腰下肢痛患者に対する椎弓切除術の適応性を評価した結果、「適切」とされたのは11%で、26%は「どちらとも言えない」、63%は「不適切」とされた。

さまざまカテゴリーがあるが64%は仮想の患者で合意があるので、この考え方をスイスの病院で行われたヘルニア手術196例に当てはめてみると、48%は適合、29%はどちらとも言えない、23%は不適合であったと考えられる。

http://1.usa.gov/VdOTPL

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・脊椎辷り症などの腰下肢痛患者に対して手術を勧める科学的根拠は乏しく、手術適応に関するコンセンサスは得られていません。ただし腰痛だけの患者は椎弓切除術の適応はないと思われます。(神経を圧迫している症候がないので…)

大井町の60代男性、腰の痛みで来院された時のお声

pv53

Q1:そのまんまサンシャインに連絡する前、どのような症状でお困りでしたか?

腰の痛み

Q2:世間にはさまざまな治療院がありますが、何が決めてとなって「そのまんまサンシャイン」に連絡くださいましたか?

本場アメリカで受けたカイロプラクティックと同じホントの施術をしてもらえるので

Q3:来院していみていかがですか?
定期的に通ってくださっている方は理由があれば是非お聞かせください。

からだが無理なく動くようになりました

 

ヨガは非特定的慢性腰痛患者に有益か?

コクランに掲載された新しいレヴュー研究で、ヨガによって運動しないことに比べて非特定的腰痛の疼痛を減少させ、短期的な機能性改善を導く事ができる可能性があるようだと報告されている。長期の療術効果を検討するためには、今後の精査が必要である。しかし、ヨガによる健康効果が持つ根拠の一つと考えてよいだろう。

下背部痛はごく一般的な健康問題であるが、通常、NSAIDsや湿布薬など投薬療法を用いてセルフケアの対象として治療されることが多い。3ヶ月を超えて疼痛状態が持続するときの状態を慢性化腰痛と呼ぶようになる。下背部痛、腰痛は様々な疾患や健康状態と関連しているが、多くの慢性的な下背部痛の根本的な原因は特定されていないことが多く、この様な「原因のわからない慢性疼痛」である腰痛をさして非特定的と呼称しているのだ。現行のガイドラインによれば、運動療法はこの慢性腰痛に対して有益であるとされていて、とりわけヨガは治療手段の一種として用いられることもある。

精神と身体を統合的に用いる運動としてヨガの人気は世界的に高まりつつあり、一般的な生活習慣上の健康効果も相まって、最近の研究ではヨガと下背部痛をはじめとした腰痛関連症状の緩和に関する可能性を検討した研究もそろいつつある。本レヴューでは、12件のヨガを用いたランダム化対照試験から述べ1,080人の被験者(34~48歳)のデータを分析した。用いられた研究データはインド、英国、米国で得られた研究からのものであり、全ての被験者は非特定的慢性下背部痛を有していた。

レヴューに際して、研究者らは腰痛にフォーカスしないヨガ及びその他の運動をヨガ教室で実践していた研究を対象として採用した。7件の研究ではヨガだけで比較されていて、また3件の研究ではヨガと腰痛にフォーカスしたその他の運動、もしくは腰痛にフォーカスした運動にヨガを加えたものが対象となっていた。

2つの研究がヨガと2種類のコントロール群を比較しており、後者の群は運動をしていないものと自己ケアのみのものの2種類の下位群に分かれていた。全てのヨガ介入では下背部痛の治療を目的とした特定のヨガ手技が用いられており、ヨガの認定講師など経験のある有資格者によって指導されているものが選択されている。

結果、非運動群に比べて、ヨガを実践する事で腰部関連の機能が改善し、下背部痛の症状が少ないながらも最初の6週間~12週間の段階で改善する可能性が明らかとなった。しかしながらこの効果は本質的には臨床的な有意差を持っているとは考えられないものではある。そのため、より広範囲かつ大規模にヨガの効果について検討を行った追跡研究が、本研究の根拠をより強固に確立していく上では必要とされていると考えられる。

ヨガによって腰痛が若干増悪している患者もいた。約5%の被験者は腰痛が増悪していた。もっともこの関連性はその他の腰痛にフォーカスした運動の副作用と同程度の発現率でしか無いとも言える。

筆頭著者であるメリーランド大学の研究者によれば、本研究の知見からヨガが下背部痛を少ないながらも改善する可能性があることが明らかとなっているが、この研究成果は短期的な成果に基づくものに限定されている。現段階のところ、ヨガが6ヶ月以内で慢性非特定的腰痛に対する有効性を持つということを確証するためには低~中レベルの根拠しか存在していない。また本研究に含まれていた研究ではヨガが専門家によって指導されていたことに注意をするべきである。今後の治療選択肢としてヨガを検討に加える上での有益な情報として本研究の知見が応用されることが期待される、と研究をまとめている。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD010671.pub2/abstract

鈍痛からピリピリした痛みに変化していった帯状疱疹の痛み

症例報告

カイロプラクティック治療において見逃してしまった症例を報告します。

40代男性 エンジニア 

  • 朝起きた時から右の腰に鈍痛がある
  • 内科を受診して、血液検査、腎臓の検査、X線検査など一通りの検査を行うも原因不明
  • カイロプラクティックを受診

 

初診時の痛みと状態

  • 鈍痛が右の腰にある
  • 痛みが移動する

検査と施術

TL検査で幹部が陽性
そのまんまサンシャインのカイロテーブル

  • セラピーローカリゼーションで患部が陽性になる
  • 両側性の大腰筋の筋力低下があるため腎臓の機能不全と判断し右腎臓の内臓マニピュレーションを行う
  • 腰部へのアジャストメント
  • 施術後、大腰筋の筋力低下は回復しなかった
  • 3日後に来院してもらった時は痛みというより「ピリピリする」と訴えられていたものの継続治療を行った

 

院長のコメント院長

2回目の来院時の訴えで気づくべきでした

内科を受診してからのカイロプラクティック受診であり、病理的な問題は完全にないものと決めてしまい、その時点で私が思考停止になっていました。

初診の来院時での発見は難しいものとしても、2回目の来院時に「ぴりぴりする」と仰っていたので、気づくべきでした。

その後にご自身でネットで調べて皮膚科を受診されたとのことです。

当院、患者さんがガウンを着てのカイロ治療になるので、しっかりと視診を行う必要性を再認識させられました。

 

 

湯船で身体を温めることの大切さ

経験してみないと解らなかった大切なこと

私自身が今年の春から4ヶ月咳が続いたことで、改めていろいろと健康について大切なことを確認しました。

確定診断ではないのですが、咳喘息、気管支喘息だろうという状態でお医者様のお世話になっていたのですが、お陰様でなんとか回復するまでに至りました。

咳は辛かったのですが、いろいろと新しい医療の形に繋がる勉強をさせて頂けたことは良かったです。

医学の情報も、当たり前のように巷で言われていることも、実際に経験していみないと実感しないものです。

カイロプラクティックは投薬をしないで、患者さんの自然治癒力を上げるということをコンセプトに持つ代替医療です。

よくボキッと背骨を調節すれば何かが治ると勘違いされがちなのですが、そうではありません。

患者さんが回復していくのに何が足りていないか。筋骨格系のケアやお喋り、お話しを通して見えてくる事も多いですから、そのように対応させていただいております。

冷えは大敵

特に今日は身体を温めてあげることの大切さを綴っていきますね。故安保徹先生が研究されていた冷えと癌との関係からも読み取れるように冷えは、やっぱり良くないですね。

例えば当院で痺れを主訴として来院なさる方は8割くらいの方が湯船には浸からないライフスタイルです。

当院で回復された方は体感的に良く分かるのですが、痺れはヘルニアのような物理的損傷では起きていません。基本的に原因は血流不足です。それが筋膜レベルなのか、神経根レベルなのか、はたまたその辺り一帯が、ということなのかは解りません。

一般的にはお風呂に浸かることで血流を良くする訳ですから、毎日の入浴がある方と無い方とでは、痺れのような症状が出るリスクが違ってきます。

昔から冷えは万病の元と言われますが、より良い健康を維持するという観点からも近年研究がなされています。

ヒート・ショック・プロテイン
猿の温泉

38度を目指すといいですよ

耳にした方も多いとおもいますが、ヒート・ショック・プロテイン(HSP)という考え方です。銭湯に行くとポスターが貼ってあります。

ヒート・ショック・プロテインをざっくり説明すると
「人間の身体はタンパク質で出来ている。そのタンパク質を温めてあげるとタンパク質の再合成能力が上がる」ということです。

新しい細胞が沢山できるということです。痛んでいる組織の修復も早いのです。

入浴の方法

方法は週に2.3回、お湯の温度にもよりますが、計15分~20分湯船に浸かって、お風呂上りに37度以上の体温を10分だか15分だかキープするという方法です。(詳しい数字は忘れました)

体温が37何度とか言われても、昔から銭湯や温泉に浸かるのが好きな人でないかぎり、体感的に病気になりづらい状態というのは判りづらい。

体温計を使い38度まで上げる

具体的にどれくらい体温が上昇しているか知るには、体温計を口にくわえて入浴なさるといいです。

体温計

慣れると面白い体温計を加えてお風呂

入浴中は38度以上になるのが良いとされています。これが入浴習慣のない方にはかなりのハードルの高さ。熱めのお湯にしておかないと意外と体温が上がってきません。入浴習慣の無い人は取り敢えず37度以上を目指し、段階を追って38度を目指すと良いと思います。

自然とある程度の入浴時間が確保されますから、心臓などの循環器系にも良い影響があり、リラックスもできます。

湯船に出たり入ったりしてもいいので、38度まで体温が上がるように入浴を工夫してみてください。週に2.3回だったかな?このような時間を作ることでタンパク質の合成が活性化するようです。

カイロプラクティック誕生時期の世界の医学

Home>  カイロプラクティックとは> カイロプラクティック誕生時期の世界の医学

カイロプラクティックは1895年に誕生

カイロプラクティックは19世紀末にアメリカで始まっています。

当時の医学は

 

 

ふざけた名前の治療院ですが、かなり真面目にとりくんでいます

Home>  カイロプラクティックとは> カイロプラクティック誕生時期の世界の医学

男性の健康情報

カイロプラクティックから見た男性の健康
品川区二葉町から配信の男性に特化した健康情報ページ

男性と女性の健康を分けて考える

男性自身を知ろう

女性や 高齢者 子供の 健康はよくあるのに、男性の健康情報はあまりみかけません。当院では積極的に男性の健康についても、言及していきます。 男性の健康

医療の分野ではどんどん新しい知見が示されます。これまで常識だったことが、実は身体に良くなかったということも数多くわかってきています。

前立腺ガンのリスクを高めるもの

ビタミンEの摂取は前立腺がんのリスクを高める

セレンとビタミンEがん予防試験(SELECT)データの更新レビューによれば、ビタミンEを毎日400 IU摂っている男性は、プラセボを摂っている男性より前立腺がんが多かった。
この知見は、男性1000人あたりで、ビタミンEサプリメントのみを摂っている群の7年間における前立腺がんが76例に対してプラセボ群は65例と、1000人あたり11例多かった。これは17%のリスク増加となる。この差は統計学的に有意であり、偶然ではないようです。(October 11, 2011,JAMA)

更新中

院長ブログの『男性の健康』もご参照ください

Home>  良くある質問>  男性の健康情報

スポーツ障害について

スポーツ障害の方

カイロプラクティックを機能回復、機能向上にお役立てください

カイロプラクター筋骨格系の専門家です 院長

WHO基準のカイロプラクターは筋骨格系のスペシャリスト

手術を勧められていても適切な保存療法で多くのスポーツ障害は改善します。
ロンドン五輪でボルト選手がカイロプラクターをドクターとして同行させたのは有名な話です。
西洋医学とは違う観点で身体を判断して、機能向上をはかります。

近年の大規模な研究により、カイロケアで怪我を未然に防ぐことも分かってきた

2010年の研究です

豪州のフットボールチームを対象にカイロケアをする群としない群との2つに分けて、大規模な追跡調査をしたところカイロプラクティック介入が膝腱、下肢筋肉、および膝への負傷を明らかに減少させていることも証明されてきています。またメンテナンス療法を受けるグループは、スポーツによる障害の数が減少し続けていました(Studies on Chiropractic 2010)

痛みを出している筋骨格系は運動器です

しごく基本的なことです

基本的なことですが、外傷などによって痛みをだしたり動作の不具合が起きているのは筋肉や関節といった運動器官です。

スポーツをしている方はよくご存じですが、運動器官というものは使わなければ機能がどんどん落ちますし、使えば機能が向上します。当然のことです

お困りの方に質問です

電気治療や手術、投薬などで運動器官の働きが向上するとおもえますか?誰にでもわかりそうなことですが、以外と見落としがちなことです。

カイロプラクティック治療は関節の働き、筋肉の働きがどのようになっているかを理解し、生体力学を考慮にいれて施術していきます。筋骨格系がもつ本来の働きを取り戻しやすいコンディションを作っていきます。

どれくらいで回復するのか

早く来院した方が良いでしょう

損傷の度合い、年齢や今後求められるパフォーマンスにもよりますが若年層の方が早く回復します。

年齢や状態にもよって完全回復が難しい場合もありますが、少なくとも今よりは数段よい状態でスポーツに臨むことができるようになります。

靭帯の損傷など、器質的に組織自体が損傷を受けている場合はその組織を回復させることはできません。そのような場合は現在ある障害を取り除くとともに、二次的に別の場所に痛みが出たりすることを防いでいきます。

練習しながらでもカイロプラクティック治療は大丈夫ですか?

大丈夫です 現実的に練習を休めない方も多いですし 皆さん稽古や練習しながらの通院になることが多いです 

カイロ治療との兼ね合いで数日練習を休むことをお勧めすることもありますが、基本的には練習しながらでも大丈夫です。

スポーツ障害の症例はこちら

スポーツ障害はカイロプラクティックの適応です。手術を検討の方などもお気軽にご相談ください。

当院では障害予防も含めたカイロケアを提供しております。
チームを管理されている方、団体の方もまずはご相談くださ

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約