品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

指が入らない首、背中の痛みに到達

指圧師に指が入らないと言われる首、背中

マイオセラピーの症例報告

どこの治療院にいっても「指が入りません」とか「背中が硬すぎです」と言われるような方は少なくありません。実際に相当な親指の持ち主でなければ深層筋に到達するのは不可能です。

このような方はマイオバイブによる施術で、触ってほしい場所にしっかりアプローチできます。ご参考ください。

40代男性 出版社勤務 横浜市在住

  • 今までさまざまな治療法を受けてきたが、首の深いところまで届かない
  • 格闘技をやっているので、首が人一倍太い
  • インターネットで検索して来院
  • ここ数年いつも首がすっきりしない生活をしている
  • いろいろな施術を受けてきているし、長年の格闘技経験で痛みをコントロールできるのでマイオセラピーに期待している。

検査と施術

深部筋の筋硬結

  • 頚部が太く、むくみが多いため、確かに手技で深層を触るのは難しい
    マイオバイブ

    マイオバイブ

  • 頚胸部を中心に90分の施術
  • 痛みに強い方であったので初回から本格的にマイオバイブを当てることが出来ました。
  • 第一胸椎から第四胸椎あたりのむくみ、筋肥大が大きく、棘突起横から多裂筋などの付着部分を念入りに施術する

ご感想

  • 中国針を何十本と打ったこともあるけれど、それよりも強烈ですね
  • また来ます

院長のコメント

通常初回からしっかり施術は無理です

この方は実にさまざまな治療法を受けてこられていて、強い治療にも耐えうる経歴をお持ちであったので、初回からがっちり施術をさせていただきました。院長と治療院入口

背骨の際部分は指圧の人のごつい指でもしっかり押していくのは至難の業です。全ての筋肉がそうですが、骨の付着部付近にトリガーポイントや硬結、線維化が起こることが多いです。結果的に硬くなってくるとコンクリートのように硬くなることもあります。そうなるとマイオバイブでもなかなか緩まないのですが、施術しないのとは大違いです。

症状がなくなってからも定期的に受けた方が良いのは年々硬くなってくる背骨をなるべくいい状態に保つことができるからです。

どんな施術でも物足りない、指が入らないんだよねー などご不満の方は一度試してみることをお勧めします。

脇の下が何となく痛い

脇の下の痛みは不快で嫌なもの

意外に多い症例になります。脇の下の痛み。

カイロプラクティックの症例報告になります。何かヒントになるものがあるかもしれませんから、ご参考ください。

品川区豊町在住の男性

初診時の主観的な状況
  • 脇の下というか脇腹というか、どこかはっきりしない場所が痛いです。それも何となく痛い
  • じっとしていると痛みが気になってしょうがないです
  • だんだん痛みが増してきているような気がする
  • 労働意欲が下がってきている

痛みが続くと神経系も疲弊してきますし、そのこと自体が抑鬱状態でもあります。あまり長引かせないことがとても大切。

痛みと状態

  • 脇の下あたりだとおもうが、痛みの場所がはっきりしない。なんとなくスッキリしないなあ
  • 問診では痛みが2ヶ月以上続いているので、心配。どこか壊れているのか?
  • お店で在庫の出し入れする時に特に、脇の下にすれたような痛みがでる

痛みの場所が特定できない時は関連痛で、他の部位からの関連した痛みであることが多いです。

肩甲骨から腕に繋がる筋肉が原因

検査で大円筋、小円筋のトリガーポイントと判断

カイロプラクティック治療テーブル

  • ローテーターカフの筋膜に強い圧痛と脇の下への関連痛’(大円筋、小円筋、前鋸筋あたり)があるので、筋膜リリーステクニックで痛みをとる
  • 起床時、就業時前に行うストレッチ指導
  • 背骨のアジャストメント
  • 胸郭からの肩甲骨の動きを意識するように指導

夜に疼くような痛みがある場合は取り敢えず病院に行きましょう。単純な筋疲労からの関連痛なら代替医療で充分に効果が発揮されます。

ご感想

  • 小さなコリが肩甲骨の筋肉にあった。原因が解って良かった
  • コリをとっていくのは少し痛かったけれど、施術の後はスッキリして痛みも出なくなった。
  • 教えてもらったストレッチを毎日していこうとおもいます

コメント

まずはご自身で探してみて、見つけられたらセルフケア

毎日使う筋肉は本人がしらずしらずのうちに疲労が蓄積されています。意識が痛いと思った時はかなり疲労がたまっていると考えてください。彼はまだ20代なので筋の長さまでは変化は無かったですが、これが30代以降になってくると簡単には症状はとれないことが多いですカウンセリングの様子

大円筋、小円筋をネットで検索してみて、ご自身でケアしてみてください。つまむようにすると大円筋や小円筋は捉えやすいです。つまんでみて大きく深呼吸を繰り返してください。

いずれにせよ、生活で良く使うところは、毎日お手入れしてあげることが大切です。まあ都会の生活は忙しく、セルフケアもついつい忘れがちになってしまうものです。

解らなかったら早めに我々プロに依頼を!

もっともトリガーポイントのような関連痛は自分の思いもよらないところが原因のことも多いです。臨床上解ってきたことは殆どがこの関連痛や複合的な筋膜症状であるということです。手足の痺れや痛さも複合的な筋膜症状であることが殆どです。

やる気がでなかったり、すっきりしなかったら来院のサイン

当院はストレッチや押圧部分も丁寧にご指導しますので、家で続けていただければ再発防止につながります。痛みが出て3.4日して変化ないようでしたら、すぐに代替医療を利用するといいでしょう。 中、長期化すると、みなさんが思っているより大きな問題につながっていきます。(経験者は語る)

最新の医学でも痛みが出てからでは遅いのではないか?という議論もあるほどです。痛みが出てしまったら、お身体がそれを記憶してしまうからです。

(日経メディカル2015.02.09)

痛みが放散していると専門知識が必要

この方は肩甲骨から腕に伸びる筋肉が痛みをだしていました。これは筋膜と脂肪組織が癒着していて自由度が低下するために痛みをだしていました。深い筋肉やホンの少しの癒着は本人には解かりづらいものです。筋肉の走行や働きを熟知したカイロプラクターが観察することで、見落としやすい痛みの原因をようやく触知できるものもあります。

こういう本でご自身で勉強なさるのもいいですよ。お身体への興味がわいてきますから。

この方は20代でしたので1回の施術で痛みは解放されました。ご自身では解決できないつらいお悩みを根本から解消したい方は、カイロプラクティックそのまんまサンシャインまでお気軽にご相談ください。

肋骨の下(みぞおちの脇)が痛む、病院では異常なし

みぞおちの脇の痛みへのカイロプラクティックアプローチ

病院で異常が無い場合は筋骨格系からの疼痛であることが多いです。
この方は腹直筋付着部からの痛みでした。

似た症状がある方はご自身で調節されてもいいですね。
その場合は腹直筋のトリガーポイントで検索されると対処法が見つかるかもしれません。

 ※内科系の疾患が無い時に限ります

病院でレントゲン検査をしたが異常なし 投薬のみ

しばらく安静にしていたが夜間も痛みがあり回復の兆しが無い

  • レントゲンでは異常はなく、痛みどめを服用して3日になるが痛みに変化がない
  • 最初は胸のあたりが痛かったが、痛みの位置が下がってきている
  • びりびりとした痛みで熟睡できない
  • 繁忙期で睡眠時間を削り気味の生活
  • 人生最大の痛みに近い痛みでとても不安
  • インターネットで検索したら似た症例があるとのことで来院
  • カイロ治療は初めて

疼痛図

実際にご記入頂いた疼痛図

 

ペインスケールで9でしたので、大変な痛みであったことが伺えます

初診時の痛みと状態

スケール9の痛み

  • 不規則な食事
  • 繁忙期で睡眠時間が5時間程度がつづく
  • 肋骨下端の痛み
  • 注意深く問診をしていると1週間前に咳がひどい風邪をひいていた

腹直筋の付着部に筋肉の塊と痛み

検査と施術 腹直筋の付着部に

触診メイン

  • 発症前に咳が酷い風邪をひいていた
  • 腹直筋の付着部に強い圧痛
  • 腹直筋に筋硬結がある、2回目の施術でアプローチする
  • 背中も張っているので筋緩和操作
  • 第9胸椎に機能不全があるので背骨のアジャストメント(調整)
  • 家での呼吸法をお伝えする

施術後のご感想

初診の日の夜、とにかくぐっすり眠れました

  • 注意深く触診してもらえて、「すごく時間をかけるんだな」っと思った。
  • カイロプラクティックは初めてでしたけれども、興味が沸きました。
  • 自分がどれだけ疲労していたか解った。

院長のコメント

20代の方でしたから回復力もありました院長と治療院入口

注意深く問診をしていくと1週間前に咳き込んでいることが解りました。おそらく咳をしていた時に腹筋群に負担が掛かったのだと推察します。

合計2回の対応でほぼ回復まで行った症例です。カイロプラクティックに初めていらっしゃる方は不安も多いですが、基本的には手当てをすることで自然治癒力を高めるという方向性ですので副作用のない治療法だとお考えください。

過去のストイックなトレーニングも影響か

体育会系の方は、以前厳しいトレーニングをこなしてきているとどこかしらに負担が残っていることも少なくありません

病院で大きな異常がなかった場合はカイロプラクティックが効果的なことも多いですよ。この方のように睡眠時間をある程度確保していても、身体が緊張している状態だと熟睡できません

背骨にも解かりやすい機能不全があり、それを取り除いてあげたら、しっかり眠れたので回復に向かったということです。わりと単純な触診で痛みが理解できることもありますので、似たような症状の方はお気軽にご連絡ください。

座っていると下腹が痛くなる、 病院では前立腺の圧迫

座っていると下腹が痛い

マイオセラピーと運動療法による対応です

デパスとミオナール

 病院では「前立腺が何かに圧迫されているのでしょう」ということで、来院時では中枢性筋弛緩剤のミオナールとデパスが処方されています。

結果的にはマイオセラピーの施術が功を奏したように思われました。痛みに強い方でマイオセラピーの強い施術を1回行ったのと、運動量を増やしたことを同時に行ったことで翌月には痛みは消失しています。

その後の経過観察でウォーキング量を維持できていると痛みが出づらいことが解ってきました。

41歳男性 システムエンジニアの方の初診時の痛みと状態

すでに大病院の内科、精神科、泌尿器科を受診している

  • 症状が出始めてからは、数年経過している
  • 精神的なものからということも疑われていて向精神薬投薬、漢方薬による治療も年単位で行われているが回復の気配はない
  • 泌尿器科の説明では、トラック運転手、タクシードライバーなど座り仕事には多い症状で座位による腹部の圧迫で、前立腺がしげきされて出る痛みと説明を受けている
  • なにしろ半日以上座っていると、下腹部に鈍い痛みがでてくる

検査と施術

腰部多裂筋からの関連痛と判断

  • 背骨の可動域は全体的に低下している
  • 腹部の触診では痛みに直接ふれることはできない
  • マイオセラピーで腰部の多裂筋を触知したところ、腹部に主訴を確認する
  • マイオセラピーのセッションの後、帰宅時自主的に2駅分ウォーキングをする生活になる
  • 1ヶ月後の来院時に主訴は消失している

解りづらい図で申し訳ないのですが、背部の筋肉がお腹に痛みを出すという図です。

お腹の痛み

背骨周囲からお腹の痛みもでる

腰部多裂筋からの関連痛

背骨の痛みが腹部に現れていたのが解る良い症例だと考えています。マイオバイブか中国針でないと実際触知するのは難しいのですが、原因不明である場合は検討の余地があるものだとお考えください。

こんな感じのカイロプラクティック治療が出来たと思います。みんながみんなそうなる訳ではないですから(-_-;)

施術後のご感想

  • 自分は我慢づよいほうだけれど、とにかく強烈ですね、マイオセラピーは
  • 受けた方がいい気がするけれど、少し間を置きたい
  • 症状はなくなったけど、病院に行って薬だけはもらっている。念のために精密検査をうける

院長のコメント

何かしらの変化は必ずあるマイオセラピー

マイオセラピーの特徴は手技では絶対にさわれない深さの筋肉をバイブレーションしていくことです。カウンセリングの様子

この深さの筋肉の関連痛は教科書にはあまり乗っていません。針治療なら有りうるのかもしれませんが、多くは机上の空論という結果になりやすいです。
海外の文献に関連痛として記載されていますが手で触診することは不可能なことが多いです。

通常直接触れない筋肉を強い振動で刺激するわけですから、患者さんも痛みを直接理解しやすいですし物理的な変化や精神的な何等かの変化もあると私は考えています。

運動は絶対に必要

カイロ治療をメンテナンスで受けられていた方で、運動習慣が全くなかったので毎回何かしらの運動を始める必要があることをお伝えしていました。

時に患者さんは「運動をしない」というライフスタイルを続けます。何かと理由をつけてライフスタイルを変えようとは思いません。私自身も悪癖はありますし、どなたもあることです。
この方も例外ではありません。マイオセラピーを受けたのがきっかけでウォーキングを始めたという因果関係は証明できませんが、時系列で見ていくときっかけになっているのではないかと考えられます。悪い言い方かもしれませんが「あんなに痛いのを受けるくらいなら少し動いてみよう」と思えるのかもしれません。

身体の各部位が活性化

ウォーキングを日々行うことで、腰部の筋が刺激され腰部多裂筋も含めた筋の血流が改善したのではないかと推察しています。また歩行運動により脳内のセロトニン神経が活性化して下降性の疼痛抑性が働くようになった、筋肉を使うことでマイオカインが定期的に放出され報酬系も活性化したのだと考えています。

エビデンスはありませんがイネイトインテリジェンスが働いたと考えます

自律神経の働きを正常化するとカイロプラクターは良く言います。筋力検査が主な指標となりますが、これも曖昧で人により検査結果が違います。

実際に自律神経の活動を電位計測すると、電極を差して大がかりな計測になるらしく、臨床的に計測するのはかなり難しいです。

私自身は自律神経というと、自律的に動いている神経なので外部からは調整のしようがないのではないかという立場です。自然治癒力が発揮されれば自然と患者さんは「動こう」とか「過食は控えよう」とおもい自律的に行動するものだと私は考えています。

カイロプラクティックではこのイネイトインテリジェンス(先天的な知性)が病気を治すと教わります。これは医学的には証明されておらず、あまり声を大にしていうとお医者さまから馬鹿にされるのですが、カイロプラクターの立場としてはイネイトインテリジェンスが働いたと考えたいものです。

その昔、杉田玄白と前野良沢がNurvousSystemを神経系と訳したことの意味は、本来は人知の及ばないシステムだということから、そのように訳したのではないかと私は思います。

この症例はヒポクラテスの残した「病気の原因を知りたければ脊椎を良く調べなさい」という言葉がよく解かる症例でした。

 

2カ月間続く背中全体の痛み

背中全体の激しい痛み…

現場仕事の方の症例です

敢えて現場仕事と明記したのは、肉体労働をなさっている方のほうが背中の状態はいいです。経験上デスクワークの方よりも早く回復する傾向にあるからです。

  • 3年前から何となく背中が重かった
  • この2カ月は背中に激痛
  • 最近は仕事が立て込んで、残業続き
  • 「このくらいの痛みだとツライでしょうね」
  • マッサージでは良くならなかった

 40代男性 電気工事士 大田区北馬込在住

痛みと状態

マッサージではどうにもならない痛み

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

  • マッサージに行って、凌いできたが今回はどうにもならない痛みがずっと続いている
  • 眠っている時以外は痛い
  • 工事で現場に向かうのと、事務所でパソコンに向かう仕事の両立
  • 今までにこういう痛みかたをしたのは初めて
  • 痛みのせいか、イライラしていて落ち着きがない

検査と施術

関節は柔らかかった

  • 触診では筋肉や関節は全体的に柔らかい。唯一肋骨の関節の機能不全が目立つ。背骨に加え肋骨へのアプローチもしっかりと行った。
  • オーソドックスなカイロプラクティック治療
  • 問診から事務所で座っている姿勢の時に痛みを強く感じることがあるのでカイロケアの後に、座り方のアドヴァイスを行う
  • 1週間後に再来してもらい、症状がないことを確認して治療を修了

これがデスクワークだけの方になりますとそう簡単に痛みは引いてこないことが多いです。触診した時に背骨や背中の筋肉の硬さが目立ちます。そのような方はもっと時間が掛かりますし、運動療法も併用して行っていく必要があります。

施術後のご感想

効果に驚いた

  • カイロプラクティックアジャストメントは効果ありますね
  • 治療をうけて2日後くらいにはほぼ背中の痛みがなくなりました

コメント

肉体労働の方が状態は良い院長と治療院入口

40代の方でしたがデスクワークだけでなく、現場の仕事で身体を良く動かしていらっしゃるので、関節の柔軟性は高い方でした。無理なくアジャストが入るくらい軟らかい関節でした。デスクワークをしている時に背中の痛みが出ているようでしたので、座り方の改善をする必要がありました。

毎日の運動は内臓疾患の予防だけでなく、筋骨格系の疾患予防にもつながりますし、万一発症しても運動習慣があったほうが早く改善していきます。1日15分で良いので軽い運動をしていきましょう。

この方のように痛みが出て3か月以内にはカイロプラクティック・ケアを受けた方がいいです。痛みが出て3日4日しても変化がないなら、その時に来院するといいと皆さまにはお伝えしています。

背中の痛みが2週間続いている

寝ても回復しない背中の痛みへのカイロプラクティック

  • 特にデスクワークをしている時に気になる背中全体の痛み
  • 以前はよく運動していたが、最近はほとんど運動をしていない
  • 残業が多すぎて困っている!

 20代男性 IT業界 品川区荏原町在住

痛みと状態

イライラしている生活

  • 運動不足で体が鈍っているとおもう
  • 座っていると鈍い痛みが背中にでて、イライラしてくる
  • 背中の痛みはデスクワークをしているときに特に気になる
  • お風呂に入ると痛みが少し和らぐ

検査と施術

柔軟性だけでは判断にならない

カイロテーブル

カイロプラクティック専用のテーブル

  • 体の柔軟性はあるが、背骨周囲の筋肉のところどころに強張りがみられるので緩和操作
  • 脊柱へカイロプラクティックアジャストメント
  • 背中を伸ばす柔軟体操を勧める

施術後のご感想

説明が丁寧

  • 随分楽になりました
  • 解剖学の図を使って説明してくれるので解かりやすい
  • デスクワークでもイライラしなくなりました
  • 定期的にメンテナンスも身体に良さそうですね

院長のコメント

専門的にみてみないと解からない部分カウンセリングの様子

柔軟性があっても部分部分で関節が硬くなっている方でした。体操やバレエの経験者でも加齢とともに柔軟性は失われます。

デスクワークでは長時間の同一姿勢を強いられますので、どうしても身体が硬直しやすいです。

ご自身で気づかない時でも触診で確認をしていくと随分と痛い部分があるものです。

脳は手と口に多くを使っている

これは脳の知覚領域において背中を認識する領域が狭いためにおこるものです。手先や口周りはちょっとしたキズで意識がとらえるのですが、背中はかなり痛まないと脳がわからないのです。まあ鈍いと言ってもいいかもしれません。

ですからカイロプラクターのメンテナンス治療は、客観的にご自身の身体を認識するのに優れていると言えます。この方は2回の来院で背中の痛みは随分楽になりました。

ピラティスをしているが背中が痛い

ピラティスでのロールupが難しく感じる

基本的には背骨の柔軟性が低下しています。例えば股関節が柔らかくて開脚柔軟はしっかり出来ても、ロールupが出来ないという状態です。

女性でクラシックバレエを幼少の頃行っていた方ならば背骨を真っすぐ使うことを意識しすぎて丸められなくなっている。

ロールの概念

葉っぱのロール

男性ですとバックラインと呼ばれるハムストリングス、アキレス腱、足裏といった筋膜ラインが系統ですべて硬いことが多いです。

少なくないです、ピラティスでロールup、downが難しい方

とくにフロアーレッスンだけ受けられている方は、背骨を丸める感覚がつかめないのと、背骨を丸める能力が低いことが見受けられます。

それではカイロプラクティック治療による症例を診ていきましょう。

背中の筋肉が硬い

  • 昨年から背中と首が痛んでいる
  • 趣味でピラティスとバレエを習っているが、背中がほぐれてこない
  • 背中の痛みはデスクワークをしているときに特に気になる

40代女性 会社員 大田区馬込在住

痛みと状態

仕事中に背中がパンパンになる

  • 背中と首は重苦しい痛みが絶えずある
  • 首の痛みは整形外科で、頚椎ヘルニアとも診断
  • デスクワークで座りっぱなしの仕事中が一番きつい

検査と施術

背骨の機能低下はあきらか

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

  • 背中の筋肉はとても緊張している。首から腰にかけて、姿勢筋の過緊張が著しい。抗重力体位で緩和操作。
  • カイロプラクティックアジャストメント
  • 胸腰移行部の屈曲制限があるためダイナミックモビライゼーション。結合組織が硬くなっているので、1回や2回の施術では回復は難しい

施術後のご感想

症状はとてもらくになった

  • 背中は楽になった
  • 可動性は増さなかったが、仕事中も随分楽になった。
  • 能動的なことはスタジオレッスンでやることにします。相談しながら治療方針を決められるのでストレスが少ない治療院だとおもいました。

院長のコメント

簡単には柔らかくならないですよ

お身体の他の部位でもそうですが、そんなに簡単には柔軟性って回復しないです。少しずつ柔軟性を付けてコツを掴むといいとおもいます。

またピラティスのマシーンが置いてある専用スタジオで、器具に補助をしてもらってトライすると簡単にコツがつかめるとも聞きます。体験レッスンに足を運んでみるのも一つの方法です

症状は簡単に取れました

途中までは運動療法を行っていたが、ご本人に確認したところ、レッスンは沢山うけているので受動的な治療を目いっぱい行う方針に変更。結果的に症状は大きく改善しました。カウンセリングの様子

この女性は運動習慣がありましたから、思い切った受動治療に切り替えたのが良い結果に繋がりました。

動きを作っていくには時間がかかることも確かです。短期的に症状だけ改善させるにはやはり時間いっぱい施術に使うほうが望ましい結果は得られやすいですね。

背骨の屈曲制限の方は多いですよ

背骨の曲がる機能が低下していると、ロールupが出来ません。開脚や肩甲骨が柔らかくても背骨の柔軟性が低下しているからです。
それに伴って柔軟性が低下した背骨周囲の筋肉が硬くなっています。

筋膜組織も含めて硬くなっているので機能性を回復していくには、それなりに時間がかかります。

諦めずにトライしていけば男性でも回復していきますので、ご希望の方はご相談ください。

整形外科で神経痛と診断を受けた20代女性の背中の痛み

背中の痛みへのカイロプラクティック治療

少しずつ運動を増やして痛みが減っていった症例です

  • 1日中のデスクワーク
  • なんだかんだで背中が痛くなってきて2週間になるので心配になってきた
  • 整形外科では神経痛の診断

 20代女性 事務職 大田区西馬込在住

痛みと状態

座りっぱなしの生活

  • 姿勢が崩れやすい
  • 仕事中も背中の痛みが気になって仕方ない
  • 1日中デスクワークをしている
  • 運動習慣はここ何年もない

検査と施術

まずは背中をほぐしていきます

カイロテーブル

カイロプラクティック専用のテーブル

  • 脊柱起立筋群の緊張に緩和操作
  • 肩甲骨の動きの低下にモビリゼーション
  • 正しい姿勢のご指導
  • 肩のピラティスレッスン

運動習慣がない方への典型的なマネージメントです。身体がこわばっている時は運動なんてする気にならないものです。

施術後のご感想

比較的長く対応してくださる

  • 最初のうちは施術の日は楽だったが、次の日の昼くらいから痛みが戻った
  • どんどん長持ちするようになった
  • 時間をかけて診てもらえるから良心的だとおもう

院長のコメント

座り仕事には工夫が必要

座り仕事している方は大変です。いかに動かす時間を作っていくかが大切なポイントです。症状がでている時は、かなり背中が硬くなっている状態ですからカイロプラクターの手でほぐしてもらいましょう。運動療法はそのあとです。

カウンセリングの様子

考え方によっては、座っていて違和感がでたら動けのサインとも言えます。もともと人間は動くためにできています。最近では日本でもスタンドデスクが少しずつ普及しているようですから、会社側に提案してみるのもいいのではないでしょうか?

体幹筋の強化が必要

座り仕事は30分しているとまず背骨が楽をしたがります。背骨が曲がり、お腹の力も使わなくなってきますのでお腹も出てきます。これらの生活習慣を改善していくことで快適な生活が保てるようになりますので、正しい姿勢を意識的に作っていくことも忘れてはならない項目です。

参照ください

長時間座りっぱなしの生活が健康に良くないことは広く認識されている。では、適度の運動を加えれば、健康でいられるのだろうか??

この疑問の検証を試みたオーストラリアSydney大学のHidde P. van der Ploeg氏らは、1週間 の運動時間で調整しても、1日の座っている時間の合計が長くなるにつれて、全死因死亡リスクが有意に上昇することを明らかにした。
論文は、Arch Intern Med誌2012年3月26日号に掲載

ゴルフ後に右肩から背中にかけて痛み

背中が硬いゴルファーの悩み

西大井在住 50代男性

練習後に背中が痛む

  • 5~6年前からゴルフの後(練習・ラウンド両方)に必ず痛む
  • 最近は背中の痛みが嫌で、ゴルフを控えている
  • 先週から去年と全く同じ症状が再発

 ゴルフは片側の動きですから負担が同じところに掛かりやすいですね。ゴルフだけではなく日常生活でのメンテナンス不足もあると考えられます。

カイロプラクティックでどのような対応ができるか見ていきましょう。

痛みと状態

疼痛図です

実際にご記入頂いた疼痛図です。首から背中にかけて縦長に痛い

病院へも行ったことがある

  • 右肩、背中に突っ張るような、引っ張られるような痛みが出る
  • 過去に星状神経ブロック注射を何回か受けている
  • 気温が低い時は症状が増し、暖かい時期には背中の症状は軽減する
  • 背中の痛みは練習後と朝起きた時が辛い

何故この痛みの範囲で星状神経ブロック注射なのかは不明ですが、そのように仰っておられました。カイロプラクティック的に見ると、まさに背骨周囲で解りやすい症例ともいます。

この方のように片側だけ症状があるという方も珍しくありません。アメリカでも同様の問題が2000年以降問題になっているようです。

画像検査、ブロック注射、オピオイド投与、手術実施率が上昇しているにも関わらず、首痛、背中腰痛といった脊椎疾患は雪ダルマ式に膨れ上がっている。
ことに慢性腰痛の発症率が上昇しているのは深刻な問題。

http://1.usa.gov/q4khKD
http://1.usa.gov/px009V

検査と施術

高い頻度で来院が良かった

カイロテーブル

カイロプラクティックのテーブル

  • 身体の柔軟性、脊柱の可動域は著しく低下。カイロ治療とPIRで患部をほぐす。
  • アクティブなストレッチと入念な緩和操作
  • 首を回しても、倒しても、反って背中まで痛みがでるので、ギリギリの範囲でモビリゼーション
  • 週に2回の来院で計8回でほとんどの症状は治まる

典型的なカイロプラクティック治療で順調に回復した症例です。関節をゆっくり動かすモビリゼーションはマッサージや指圧だけ受けているよりも効果的です。

自ら動く可動範囲を少しずつ広げます。グレード3のモビリゼーションを行いました。

ご感想

私にとっては効果的

  • 数回の治療でゴルフ後も痛みがでないところまで治った。
  • カイロ治療は初めてだったが、副作用もなく効果も長くつづきますね
  • 定期的に身体のンテナンスに通いたいとおもいます

ドクターとの相性もあると言われていますが、この方はカイロ治療がぴったりだったようです。是非定期的なメンテナンスにいらっしゃると良いでしょう。

メンテナンスが有効であるとうエビデンス

月に1度のカイロプラクティックのメンテナンス治療は、関節の退化や癒着の形成の進行を遅らせます。また筋力の低下の防止、怪我が起こる頻度の減少にもなります
そして健康感や幸福感覚を増進させることが解かっています。

(J Chiropr Humanit. 2011 Dec)

コメント

最初は詰めて来た方が良い結果がでやすい

この方は3~5回目までは週に2回のペースで来院してもらい背中の痛みは1/5にまで落ち着く。ゴルフに行っても症状は悪化しなかったです。本症例は、治療間隔を短くとって良い結果がでました。

院長

院長の顔

当院は患者さんとの話あいで、治療計画を立てています。保険適応のきかないカイロ治療では治療間隔を詰めることに躊躇しがちですが、1週間や10日間隔の来院ですと、症状がすぐ戻ることが多いのも事実です。

結果的に効果がないように感じたり、途中であきまめてしまいがちですから 本症例のように、初診時から数回は治療期間は詰めてくることをお勧めしましています。

背骨について考える

背骨は24個あり、72個の関節が複合的に動いています。それらを一つ一つチェックしていくと、背中の痛みの原因を体感できるとおもいます。まずは何で痛いのかを理解することがとても大切です。また身体の動きをスムースにしていくことで、ゴルフをエンジョイできるようになる方も多いですよ。

根本的な背中の治療は、カイロプラクティックが効果的ですからお気軽にご相談ください。

マッサージでは良くならかった背中の痛み

肩から背中までの痛みへのカイロプラクティック・ケア症例です

事務仕事は座りっぱなしで一見楽そうに見えるのですが、背中を診る仕事をしているものから見ると一番大変なお仕事といえます。
就業年数が増えれば増えるほど、背中が硬くなっていきます。

デスクワークの方でも、定期的な運動をしていない方は顕著です。

品川区二葉町在住 20代女性

背骨まるごと診るのがカイロプラクティック

  • IT関係の仕事で丸1日中デスクワークの毎日
  • 座りつづけることはツライです
  • 2カ月くらいの間に背中まで痛みだして苦しい

デスクワークの方は肉体労働の方に比べると圧倒的に背中が硬いです。

痛みと状態

肩こり、腰痛が繋がってきた

  • 以前から肩こりや腰痛があったが、ここ2カ月くらい悪化して背中まで痛みだした
  • 病院へ行っても原因がわからなかった
  • マッサージには数回足を運んだよくならない
  • 背中の痛みで息苦しさがある
  • 原因が解からないので心配

検査と施術

運動不足が見受けられる

  • 脊柱起立筋群の緊張が著しいので、入念な緩和操作
    カイロテーブル

    カイロプラクティックのテーブル

  • 脊柱の伸長性がないので、コックス牽引治療
  • 運動習慣が全くないので、ラジオ体操を習慣づけて頂く
  • 胸郭のバケットハンドル運動の補助
  • 状態、症状の事実と根拠を反証しながら生活習慣を見直す

ご感想

好転反応がしっかり出た

  • 最初は揉みかえしが来たけれどキチンと説明をうけていたので心配なかった
  • 来院の度に、運動不足が原因で身体の機能が低下しているのが良くわかった
  • しきりに運動することを勧められ、しぶしぶラジオ体操をしていましたが、もともとあった肩コリもなくなった。先生のおかげで身体がとても楽になりました。

院長のコメント

身体は素直です

お身体は正直で、背中も動かしていない時間が長くなると、ものすごく硬くなってきてしまいます。背骨周囲の筋肉は4層、5層となっていますので深いところは手がとどきません。おまけに肋骨の動きも低下してくると息苦しくなります。カウンセリングの様子

機能を中心にみていくカイロプラクティック

このような動きの低下はレントゲン等には映りませんので我々専門家に診てもらうのが一番得策だとおもいます。PC作業の方は背骨の周囲が必ず硬直してきますので、長い目で見て運動習慣は必須です。なるべく効果的な運動を適宜お伝えしていますので、ご安心ください。

対処療法ではなくつらいお悩みを根本から解消したい方など、
カイロプラクティックそのまんまサンシャインまでお気軽にご相談ください。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約