品川区のWHO基準カイロプラクティック。エビデンスに基づく対応で腰痛や肩こり ヘルニア 首痛、うつ病などの根治をサポートします。

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

土踏まずが痛い

37歳主婦

1か月半つづいている土踏まずの痛みで来院。
痛みは出たり出なかったりしているが、ここ1週間ほどずっと痛いので来院した。

足の裏

土踏まずの痛み

整形外科では土踏まずの部分の炎症ということで診断を受けて、湿布薬をもらい様子をみていたが変化が無い為カイロプラクティックを受診。

土踏まずの痛みは朝起き上がった時に顕著に痛みが出る。ヴィジュアルアナログスケールで2くらい。

一日のうち2.3回痛みを認識するが、気にすると痛いし、気にしないと痛くない程度。

ここ半年で3㎏ほど体重が増えている

副訴で、肩こりや腰痛も気になる。

検査

  • 背骨のスクリーニングでは肩、腰でスプリングの低下
    case072

    実際にご記入頂いた痛みの図。土踏まずの痛みに加え、肩こり腰痛もあります。

  • 歩行検査で右脚がスムースではない印象があった
  • カイロプラクティックが初めての方では多いことだが、問診に少し消極的
  • 主訴である右土踏まずの部分に圧痛はあるものの、ここ1か月ほどセルフマッサージをしているせいか左より柔らかい
  • 機能的な短下肢が右に1㎝
  • 短下肢に伴って仰臥位において右内反傾向が見受けられる
  • 問診ではストレス環境下ではなく、過去に外傷歴もない
  • 右距踵関節の可動高進(2回目の来院で分かった)

仮説診断

長年の身体の使い方の癖で、右足の内側に少し力が入って歩いているような癖がある。朝の起床時に痛みが顕著なので教科書的には足底筋膜炎である疑いが強い。但し時間が経つと痛みがなくなるので実際は炎症をしていないと思われる。半年で3㎏体重が増えたことも右足底に負荷を強めた印象が強いように思われる。

2回目の来院の時に右距踵関節の可動更新が原因で、足底筋膜に負担が掛かっているのではないかという憶測が付きました。

作業仮説

体重が増えていることも否めないが、先ずは標準的なカイロプラクティックを試みて自然回復力を促すとともに、足底のアーチを保つテーピングによって足底筋群に掛かる負担を減らす。

院長

院長の顔

カイロプラクティック治療目標

2.3回のカイロプラクティック治療で回復を促すが、体重が大きく関わっている場合は減量とsmallフットなど足底筋群のリハビリテーションが必要であろうと考えている。

カイロプラクティック治療経過(簡単な認知行動療法も含む)

約2週間おきに来院してもらっている。

初診時の治療2日後にお電話にて確認したところ、昨日は全く痛みがなかったが今日は痛い、テーピングは昨日剥がしたとのことですから、テーピングによる補助が有効であった可能性が高い。

さらに2日後にお電話で確認したところ、その日は痛みがなく、前の日に歩いてるときに少しだけ痛みが気になった。
この時点でテーピングを再び貼ることも検討していたが、もう少し様子を見ることにする。

3日後の電話確認ではやはり、症状が出たり出なかったりの日が続いている。この時点で体重の微細な変化を記録することをお勧めした。

2回目の治療後、ご自身で簡易的にできるテーピングをお伝えして、貼っている時、貼っていない時との差を報告してもらう。

3回目の治療の時に、テーピングの有無によって、踵の骨の可動更新であることがほぼ明らかになったので、鉄分と亜鉛を含むサプリメントと、スモールフットというエクササイズを日々行ってもらうことにした。減量に関してはこの時点では達成されていない。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約