顎関節症の悪化でコメカミに頭痛

カイロプラクティック治療による症例報告

10代男性 大学生 品川区在住

  • 顎関節が2年前からガタガタ言う
  • 朝起きるとズレてることがある左側頭部は押すと痛い
  • 2週間前から左の耳がこもって聞こえづらくなっている
  • 耳鼻科で顎関節症が悪化したのが原因でしょうと指摘されたが、特に処置はしてもらえなかった

痛みの図

実際にご記入頂いた疼痛図


問診・検査によりわかったこと

関節円板損傷の疑いがある

  • 左顎部の鈍痛
  • 顎の開口時に右にスライドしながらの開口、閉口時はその逆、捻髪音を伴う
  • 首の鈍痛
  • 左側頭部は押すと痛い圧痛
  • 肩甲骨間の痛み
  • 頭蓋骨の機能不全
  • 脊柱、骨盤の機能不全

カイロプラクティック治療

顎関節円板の損傷はカイロプラクティック治療では戻すことが出来ないことを伝え、側頭部の圧痛と耳のコモリの改善を目的としたカイロプラクティック治療を行うことを伝える

代替医療はいろいろ行ったがカイロプラクティックは初めて
そのまんまサンシャインのカイロテーブル

  • 入念な緩和操作
  • 脊柱、骨盤の機能低下にスパイナル・マニピュレーション
  • 頭蓋骨の施術、顎関節
  • 首まわり、頭蓋の筋肉群に緩和操作

初回の治療で回復

  • 顎関節症から耳がこもる症状と側頭部の圧痛は初回の治療後に消失
  • 開口時、閉口時のスライドに関しては変化なし

院長のコメント院長

カイロプラクティック治療は効果的です

症状が悪化した時は患部に関しても勿論そうですが、体全体が緊張していたり休息が少なすぎたりと生活全般を見直す良い時期でもあります。

顎の関節の付け根の部分に関節円板と言われる軟骨組織があるのですが、その軟骨の組織変化がある場合は顎の「カクン」という現象はカイロプラクティック治療では治りません。

この方は症状の悪化で頭痛や耳の聞こえづらさが出てきていたので、それらを緩和させる目的でカイロプラクティック治療を行いました。まだ10代で症状が出てからも日が浅めの為、初回のカイロプラクティック治療で良い結果が出たのだと思います。

顎関節症自体は専門家に伺っても一筋縄ではないようなので、さまざまな治療を試みてご自身に合うものを探すことも大切です。カイロプラクティック治療も可能ですからお困りの方はお気軽にご連絡ください。

 

 

カイロプラクティックそのまんまサンシャイン

〒142-0043
 東京都品川区二葉4-24-1 GSハイム中延105
営業時間:10~22時
(基本的に水曜日休・予約制)

ご予約・お問い合わせ

Tel:03-5749-3558
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのご予約はこちら

東急大井町線および都営浅草線・中延駅A1出口から徒歩6分。

東急大井町線・荏原町駅やJR横須賀線・西大井駅からも徒歩8~9分。